オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーの流れ
オルソケラトロジーの流れ オルソケラトロジーの流れ

オルソケラトロジーとは、夜寝ている間に特殊な形状のハードコンタクトレンズを装着し、角膜(黒目)の形を変えることで、日中裸眼でも視力を保てるようにする治療法です。治療の原理はレーシックと同じものですが、手術を行うわけではないため、レンズの装用を中止すると最終的には元の状態に戻ります。
治療は「就寝時にコンタクトレンズを装用」→「起床後にレンズを外す」→「日中裸眼で過ごす」→「就寝時にコンタクトレンズを装用」というパターンの繰り返しです。
近視の進行を抑制する効果があるとも言われており、基本的に老若男女、どなたでもお使いいただけます。

<このような方にオススメです>
  • スポーツや仕事の時に裸眼で過ごしたい方
  • 近視の進行を予防したい方
  • レーシックは怖いけど視力をよくしたいという方
お気軽に
ご相談ください

オルソケラトロジーのポイント

  1. 日中裸眼で生活できる
  2. 手術や痛みをともなう治療は不要
  3. 近視の進行を抑制する効果が期待できる
  4. レーシックと同じ効果が期待できる
  5. 自宅でできるので、頻繁な通院は不要

オルソケラトロジーの費用

オルソケラトロジー治療は自費診療となります。
※下記は全て消費税込の料金です

基本料金

初期2年間両眼162,000円〜172,800円
3年目以降年間10,800円

レンズの更新

メーカー保証期間外は32,400円/枚〜

装用体験 2週間位

装用体験保証金両眼32,400円
検査&管理費5,400円

お試し後治療開始

初期2年間の治療費から保証金を差引いた差額をお支払いいただきます。

お試し後治療しない

保証金のみ返金します。

オルソケラトロジー治療の流れ

まずはご相談ください

まずは、熟練したスタッフがオルソケラトロジー治療についてご説明します。
患者様にオルソケラトロジー治療についてご理解いただいた上で、ご希望にそった治療ができそうであれば検査に進みます。

適正検査

視力や角膜の状態などを検査し、医師が治療の適正を判断します。オルソケラトロジー治療では矯正しきれないほど近視や乱視が強い場合や眼に疾患がある場合は他の治療法をお勧めすることがあります。

ひとりひとりに合わせたレンズをご提案

トライアルレンズを装用してみます。レンズの取り扱い方法などもこの時に詳しくご説明します。治療の性質上すぐに効果はあらわれませんので、1~2週間程度試用期間を設けております。次回のご予約までご自宅でお試しください。

再度、適正検査・本治療の開始

ご来院いただき、試用期間のお話をお聞かせください。治療の効果が実感できてレンズの取り扱いも可能であれば本治療を始めていきます。
トライアルレンズではなくご自身用のレンズを処方しますので正しくお使いください。

安定したら3ヶ月毎に定期点検を

本治療の開始後は1週間後、その2週間後、さらにその1ヶ月後と徐々に受診の間隔を伸ばしながら問題なく使用できているか、眼の状態をチェックさせていただきます。治療に慣れ、安定した視力が出るようになりましたら、3ヶ月ごとの定期検診となります。